2012年03月18日

アーロンチェアの修理をする

基本的に在宅作業をしています。
10年前くらいにアーロンチェアを購入しました。
自宅のPC作業で、ずっと気に入って使っています。

1年くらい前に背面の支えであるランバーサポートが壊れました。
ガムテで巻いて恥ずかしい感じで使ってましたが、耐久出来ず。
ランバーサポートをしようせずに使ってましたが、張り地が伸びてるような。。。

重い腰(実際に重い)をあげhhstyle.comさんに連絡しました。
購入したのはhhstyle原宿店ですが、
なくなったのでhhstyle青山店に問い合わせになります。
「購入明細がない」というのが、重い腰だった理由だったのですが、
時期と名前をいうと購入したこと即座にわかってくれて対応してくれました。

ビバ!hhstyle.com

値段のはるモノが多いだけに、サポートもしっかりしてます。
購入店でしか修理できないので、ちゃんとしたお店で安心!

ハーマンミラー社のアーロンチェアは12年保証になるので、
ランバーサポートが無料で修理できました。
あと気になっていた部分を確認した。
・張り地の張替え … サポート範囲外だと、55,360円の費用がかかる
・箇所不明の構造体の修理 … サポート範囲外だと、26,806の費用がかかる

張り地は現状維持、構造体の緩みはネジの遊びの範囲内だと判明しました。
丁寧に対応してくれた担当さんに感謝です。

あとはランバーサポートの宅配をまつだけです。
アーロンチェア生活が早く戻ってこないかな。
posted by コツヲ at 19:51 | Comment(0) | TrackBack(0) | 情報まとめ備忘録 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。